デリケートゾーン 黒ずみの原因は?

デリケートゾーンの黒ずみ 3つの原因について

 

 

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因って?


 

そもそもデリケートゾーンが黒ずむ理由を知っていますでしょうか?

 

原因は主に三つあります。

 

  1. 摩擦による刺激
  2. ターンオーバーの低下
  3. メラニンによる色素沈着

 

それではひとつずつ見ていきましょう。

 

摩擦刺激によるデリケートゾーンの黒ずみ

 

摩擦刺激によるデリケートゾーンの黒ずみ

 

私たちは毎日下着や服を着ているので、デリケートゾーンはお風呂に入るとき以外は常に衣類で締め付けられた状態になっています。

 

特に女性の場合は、ショーツのストッキングなどで歩いたりして、動く度にすれて摩擦が生まれます。

 

デリケートゾーンの皮膚は非常に敏感です。なので少しの摩擦でも刺激になってしまいます。

 

例えば、締め付けがきついショーツ、タイトなスキニーパンツなど、これらを履き続けていると、皮膚に当たっている部分が摩擦でデリケートゾーンが黒ずむ原因となってきてしまいます。

 

 

 

ターンオーバーの低下によるデリケートゾーンの黒ずみ

 

ターンオーバーの低下によるデリケートゾーンの黒ずみ

 

デリケートゾーンが黒ずんでしまうきっかけ、タイミングは人によって異なりますが、実は黒ずみの主な原因はメラニン色素です。

 

メラニンは皮膚を守るための重要な役割をする一方で、皮膚を黒くする性質があります。

 

正常な皮膚というのは、通常は28日で肌の生まれ変わり、ターンオーバーが行われます。

 

肌の奥の方に隠れていたメラミンは28日間かけて少しずつ肌の表面に出てきて、最終的に剥がれて排出されます。

 

正常で綺麗な肌を保つために大切な仕組みですが、ターンオーバーが乱れてしまうことがあります。

 

ストレスや不規則な生活、妊娠や出産、加齢による低下など、ターンオーバー低下の原因は様々ありますが、女性ホルモンなどの低下により代謝サイクルが乱れて正常に行われなくなります。

 

すると古いが剥がれ落ちなくなるため、皮膚のメラニン色素の沈着は引き落とし、黒ずみの原因となります。

 

 

 

メラニン(色素沈着)によるデリケートゾーンの黒ずみ

 

メラニン(色素沈着)によるデリケートゾーンの黒ずみ

 

肌は外部から刺激を受けると刺激から自分を守るためにメラニンの生成します。

 

紫外線は年間を通して発生しているので注意してください。服を着ていても通過して肌が刺激を受けることがあります。

 

これらの蓄積されたメラニンがデリケートゾーン黒ずみの原因となります。

 

その他の原因として痒いから何度もかいてしまう。炎症を放置する。これらの行為はメラニンを増やしてしまいます。

 

また、ショーツやストッキング、下着による圧迫は肌の負担になっています。

 

肌は圧迫刺激に対してメラニン生成をすることで肌を守ろうとするため、黒ずみの原因の一つとなります。

 

ショーツやストッキングを履くことで、デリケートゾーンの通気性が悪くなり、非常に蒸れやすい状態になります。

 

おりものや生理中の経血も蒸れの原因の一つです。

 

デリケートゾーンの蒸れやすい状態が続くと、痒みやかぶれ炎症が起きる場合があります。

 

まとめ

 

締め付けられる下着の原因になりやすい、メラニンは黒ずみの主な原因、女性ホルモンの低下代謝サイクルの乱れは黒ずみの原因でつながる。

 

この3つを覚えておきましょう。

page top