毛じらみ症のかゆみの原因を知り正しい治療をしましょう。

性病検査キット比較
婦人科・性器・性感染症の病気セルフチェック

毛じらみ症のかゆみ

陰毛の周辺にかきむしりたいほどの激しいかゆみを生じ、ときには夜眠れないほどになります。

 

注意深く観察すると、肉眼でも陰毛の毛根部あたりに、暗赤色のケジラミや、白いフケのようなケジラミの卵が見られます。

 

毛じらみ症の原因

 

ケジラミが、陰毛にすみついて血を吸うのが原因です。

 

ケジラミの成虫は体長0.5〜1mm前後で、暗赤色をしています。脚で毛をはさんで渡り歩き、主に陰毛や肛門周辺の毛に寄生して皮膚から血を吸います。

 

雌が10個ぐらいの卵を毛に並べて産みつけ、その卵は約1週間で孵化(ふか)します。

 

毛じらみ症の治療

 

ケジラミは、脚で毛をつかんでおり、卵も毛根近くにセメントのような硬い物質で固定されているため、簡単には取れません。

 

陰毛をそり落とし、ケジラミを根こそぎ取り除くのが最も効果的な治療法です。放置すると、次々と卵が孵化して新しいケジラミが増えていきます。

 

剃毛には抵抗があるかもしれませんが、早めに徹底的な治療を行います。

 

外陰部の炎症に対しては、軟膏やローションなどの外用剤を塗布します。薬物の作用が強いので、必ず医師の指導のもとに行いましょう。

 

 

シラミ駆除医薬品 スミスリンLシャンプータイプ(スミスリンシャンプー)80ml 【2個セット】 【第2類医薬品】液剤【YDKG-kj】【b_2sp0601】

4630円

シラミ駆除医薬品ピレスロイド系殺虫成分スミスリンを主成分とした、毛に寄生するアタマジラミや、毛ジラミに有効なシラミ駆除医薬品

 

 

性器のかゆみ

毛じらみ症のかゆみ関連ページ

カンジダ症のかゆみ
膣内や外陰部に灼熱感を伴ったむずがゆさを覚えます。カンジダは、カンジダ・アルビカンスという真菌の一種に感染して、外陰部に炎症を起こす病気です。
白癬症のかゆみ
外陰部の腫れぼったい感じが強い傾向があります。白癬菌という水虫やたむしの原因になる真菌に感染して起こるものです。
トリコモナス膣炎のかゆみ
次第に外陰部にひりひりとしみるような痛みが現れます。トリコモナス原虫の感染によって起こります。
尖圭コンジローマのかゆみ
むずがゆさや灼熱感を覚える場合もあります。ヒト乳頭腫ウイルスの感染が原因です。大陰唇、小陰唇、尿道口にかけて腫瘤(おでき)が発生し、次第に乳頭のような形になります。
疥癬(かいせん)のかゆみ
陰部に紅色の丘疹が発生すると同時に、強いかゆみを覚えます。体長0.2〜0.4mmのヒゼンダニが皮膚の角質層に寄生して起こすかゆみの強い感染症です。
ヘルペス感染症のかゆみ
強い外陰部の痛みが現れる前に、かゆみを覚える場合があります。ヘルペスウイルスの感染で起こります。