疥癬(かいせん)のかゆみの原因を知り正しい治療をしましょう。

性病検査キット比較
婦人科・性器・性感染症の病気セルフチェック

疥癬(かいせん)のかゆみ

陰部に紅色の丘疹が発生すると同時に、強いかゆみを覚えます。丘疹はやがて腹部、大腿部、前腕、上腕の内側など全身に広がっていきます。

 

手の指の間や、乳房の下などの皮膚がしばしばひび割れたように見えることがあります。交尾後の成虫が皮膚の角質層に卵を産みつけるための横穴を掘ったためで、疥癬トンネルとよばれます。

 

疥癬(かいせん)の原因

 

体長0.2〜0.4mmのヒゼンダニが皮膚の角質層に寄生して起こすかゆみの強い感染症です。

 

ヒゼンダニは1日に1〜2個の卵を産み、2〜3か月間生存します。卵は3〜5日で孵化し幼虫となり、脱皮を繰り返して10〜14日で成虫に育ちます。

 

疥癬(かいせん)の治療

 

入浴後、患部が湿っている間に、殺虫効果と止痒(しよう)効果のある軟膏を塗布します。

 

軟膏は丘疹が消失するまで塗布し続けます。皮膚への刺激性が強いので、1日に何度もつけず、決められた用量を守るようにしましょう。

 

疥癬を治療する軟膏にはステロイドが配合された薬がありますが、塗ると疥癬は徐々に悪化する可能性があります。

 

「オイラックス」は疥癬の治療に有効ですが、ステロイドが配合されたタイプがありますので、注意が必要です。

 

オイラックスにはいくつか種類があります。

 

「オイラックスA」「オイラックスPZ」「オイラックスデキサS」などは、ステロイドが配合されているため、疥癬の治療として塗るのは不適切です。

 

また、病院で処方される「オイラックスH」にもステロイドが配合されていますので、疥癬の治療には使用しないようにしましょう。

 

市販されている「オイラックスソフト」には疥癬に有効な成分であるクロタミトンが配合されており、ステロイドは配合されていませんから、疥癬のかゆみに有効です。

 

オイラックスソフト12g

オイラックスソフト

オイラックスソフト


 

医療用の殺虫効果のある人浴剤を入れた湯に入浴するのも効果的です。

 

毎日、下着とシーツを取り替えることも重要です。

 

疥癬に感染した人のシーツや下着、衣類などをほかの人の洗濯物と一緒にしないようにしましょう。

 

乾燥機の使用は避け、日光にさらして十分に乾燥させてからしまってください。

 

ヒゼンダニは人体から離れて2日間経過すると死んでしまいますが、念のため洗ったシーツや下着などは、すぐに使わずに何日かおいてから使ったほうが無難です。

 

 

かゆみ止め軟膏


 

 

性器のかゆみ

疥癬(かいせん)のかゆみ関連ページ

カンジダ症のかゆみ
膣内や外陰部に灼熱感を伴ったむずがゆさを覚えます。カンジダは、カンジダ・アルビカンスという真菌の一種に感染して、外陰部に炎症を起こす病気です。
白癬症のかゆみ
外陰部の腫れぼったい感じが強い傾向があります。白癬菌という水虫やたむしの原因になる真菌に感染して起こるものです。
トリコモナス膣炎のかゆみ
次第に外陰部にひりひりとしみるような痛みが現れます。トリコモナス原虫の感染によって起こります。
尖圭コンジローマのかゆみ
むずがゆさや灼熱感を覚える場合もあります。ヒト乳頭腫ウイルスの感染が原因です。大陰唇、小陰唇、尿道口にかけて腫瘤(おでき)が発生し、次第に乳頭のような形になります。
毛じらみ症のかゆみ
激しいかゆみを生じ、ときには夜眠れないほどになります。ケジラミが、陰毛にすみついて血を吸うのが原因です。
ヘルペス感染症のかゆみ
強い外陰部の痛みが現れる前に、かゆみを覚える場合があります。ヘルペスウイルスの感染で起こります。