デリケートゾーン(外陰部)外陰萎縮症のかゆみ

外陰萎縮症のかゆみ

高年齢の人に多くみられる病気です。

 

外陰部の皮膚が萎縮して薄くなり、張りやみずみずしさが失われます。

 

このため、外陰部の皮膚がかさかさに乾燥し、かゆみを生じます。多くの場合、同時に老人性膣炎も合併します。

 

外陰萎縮症の原因

 

更年期以降や卵巣の両側摘出によって、エストロゲンの分泌が低下することが原因です。

 

外陰萎縮症の治療

 

エストロゲンの不足が原因なので、エストロゲンを含んだ膣坐薬や内服薬を使います。

 

ホルモンを補充することによって膣内が潤い、性行為がスムーズになる効果もあります。

 

ホルモンバランスの乱れが引き起こす膣のかゆみ

 

 

かゆみ止め軟膏


 

 

デリケートゾーンのかゆみ

page top