デリケートゾーン(外陰部)糖尿病などのかゆみ

糖尿病などのかゆみ

糖尿病や肝臓病、腎臓病があると皮膚のかゆみを起こしやすいものですが、肝臓病や腎臓病では全身にかゆみを生じるのに対し、糖尿病は外陰部のみに集中してかゆみを生じるのが特徴です。

 

また、糖尿病があるとカンジダ症にかかりやすくなります。

 

ビタミンB2が欠乏しても外陰部の皮膚が赤くなり、腫れてかゆくなります。この場合、口角、唇にびらんが生じるので鑑別が容易につきます。

 

糖尿病などの原因

 

糖尿病で血糖値のコントロールがうまくいかず、皮膚が乾燥したり皮脂が不足する結果、かゆみを生じます。

 

糖尿病などの治療

 

糖尿病の治療を行って血糖値が下がれば、かゆみは治まります。

 

糖尿病をきっかけに、外陰カンジダ症や膣炎を起こしている場合は、軟膏や膣坐薬で局所的な治療も並行して行います。

 

なかなか治りにくいので、根気よく治療を続けることが大切です。

 

 

膣カンジダの症状を改善する市販のカンジダ治療薬

メンソレータムフレディCC膣錠 6錠【カンジダ症】

amazon

rakuten


 

メンソレータムフレディCCクリーム 10G【カンジダ症かゆみ止めクリーム】

amazon

rakuten


 

フェミニーナ膣カンジダ錠 6錠【カンジダ症】

amazon

rakuten


 

オキナゾールL100 6錠【膣ガンジタ 】

amazon

rakuten


 

 

デリケートゾーンのかゆみ

page top