膣炎とは?

膣炎とは?

膣炎とは?主症状はおりものの異常とデリケートゾーンのかゆみです。

 

病原体の感染や増殖によって膣が炎症を起こす病気で、膣疾患のなかではもっとも多いものです。

 

病原体は、膣炎を引き起こす特定の微生物と、一般細菌に分けられます。

 

前者の代表格は膣トリコモナスという原虫とカンジダなどの真菌(カビ)、後者は大腸菌や黄色ブドウ球菌、連鎖球菌などです。

 

膣炎の主な自覚症状は、おりもの(医学的には帯下という)の異常やデリケートゾーンのかゆみです。

 

おりものは分泌物で、健康なときもみられる生理的なものと病的なものがあります。生理的なおりものは膣内を潤し、下着に少量つく程度で、白や淡いクリーム色が一般的です。

 

 

膣炎はすべての年代に起こる病気ですが、思春期から閉経前まで、閉経後、小児期の3グループに分けたとき、それぞれ原因に特徴がみられます。というのも、膣の働きは女性ホルモン、特にエストロゲン(卵胞ホルモン)と関係が深いからです。

 

膣炎には、おりものという自覚症状があります。かゆみや量やにおいについての感じ方は個人差が大きいものですが、生理的おりものとはどのようなものかを知り、日ごろから自分の状態を把握しておくことが大切です。

 

色やにおい、デリケートゾーンのかゆみ、性状がいつもと違っていたら病的おりものと考え、早めに婦人科で診察を受診されることをオススメします。この病気を慢性化させないために、早期発見・早期治療を心がけましょう。

 

萎縮性膣炎の体験談・症例

 

 

 

かゆみ止め軟膏


 

 

デリケートゾーンのかゆみ

page top