外陰炎の原因

性病検査キット比較
婦人科・性器・性感染症の病気セルフチェック

外陰炎の原因は細菌感染による疾患が多い

外陰炎の原因外陰部が赤く腫れてかゆみや痛みが起こる症状は、外陰炎とよばれます。

 

進行すると会陰部や内股まで症状が広がり、ただれや潰瘍、湿疹などが生じたり、患部が熱をもち、痛みで歩行や排尿が困難になることもあります。

 

 

外陰炎は、ブドウ球菌や大腸菌などの細菌の感染によるほか、下着や生理用品による摩擦や、肥満による股ずれ、乱暴な性交、薬剤やせっけんなどで外陰部の皮膚が強い刺激を受けて起こることが多いものです。

 

 

また、膣炎が原因で、二次的に外陰炎を起こすケースもみられます。膣炎では、外陰部のかゆみにおりものの増加を伴うのが特徴です。

 

カンジダ膣炎では白い酒粕状のおりものが、トリコモナス膣炎では黄色い悪臭のあるおりものが出ます。

 

 

外陰炎や膣炎は、病気や過労、妊娠、ビタミン欠乏症などで抵抗力が落ちていたり、ホルモンのバランスが崩れたときに起こりやすく、特に糖尿病の人は発症率が高いことが報告されています。

 

 

また、閉経後は卵胞ホルモンの分泌の減少により膣や外陰部が少しずつ萎縮し、膣の自浄作用が低下して膣炎を起こしやすくなったり、外陰部が乾燥して、かゆみや痛みなどのトラブルが多くなります。

 

 

外陰部のかゆみをもたらす原因には、ほかにも外陰ジストロフィーや、外陰ペ−ジェット病、外陰白癬症(はくせんしょう)、蟯虫症(ぎょうちゅしょう)、毛ジラミ症、食品や薬剤のアレルギーなどがあります。

 

特に原因が見当たらない場合は、外陰掻痒症(がいいんぶそうようしょう)とよばれ、精神的ストレスや神経症によって外陰部のかゆみを感じるケースもみられます。

 

 

また、性器ヘルペス、梅毒、軟性下疳といった性感染症や、全身疾患であるベーチェット病などでも外陰部に潰瘍ができるので、外陰炎との鑑別が必要です。

 

 

外陰部のしこりは良性のものがほとんどですが、外陰の悪性腫瘍でも潰瘍やしこりが生じることがあります。

 

かゆみ止め軟膏


 

 

 

性器のかゆみ

外陰炎の原因は細菌感染による疾患が多い関連ページ

外陰炎とは?
痛みやかゆみが強いときや、症状が軽くても長引く場合のほか、水疱や潰瘍、しこりなどができたり、おりものの増加や全身症状を伴うときは、早めに婦人科を受診して、原因を確かめましょう。
外陰炎の治療と予防
患部の乾燥を保ち、刺激を避けましょう。また、通気性のよい下着を着用し、外陰部を常に清潔にしておくことが大切です。日常の心がけで炎症や細菌の感染を防ぐことができます。