デリケートゾーンの洗い方 「かゆみ・においを対策し性病や膣炎なども予防」

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンの洗い方

 

デリケートゾーンのかゆみやニオイ、性病や膣炎などのトラブルを予防するためにも、デリケートゾーンの正しい洗い方を押さえておきましょう。

 

正しい洗い方の知識を持っている人はあまり多くないようです。

 

デリケートゾーンの洗いすぎは禁物

 

デリケートゾーンの洗いすぎは禁物

大抵のデリケートゾーンのニオイが強い原因は洗い残しです。ですが洗いすぎも禁物です。

 

潔癖症なくらいに洗いすぎてしまう人がいますが、これはNGです。

 

 

ニオイや、かゆみが気になるからといってゴシゴシと洗ったり触りすぎると悪化し、膣の自浄作用に必要な、おりものなどをすべて洗い流してしまうことになります。

 

自浄作用が低下すると性病膣炎などの辛いトラブルを招き、それが原因でさらに強いニオイを招くことにもなります。

 

また、デリケートゾーンは洗いすぎると乾燥しすぎてかゆみを引き起こしたり、ニオイを引き起こす原因になることがあります。

 

乾燥からくる膣のかゆみやニオイを改善する

乾燥からくる膣のかゆみやニオイを改善する
膣の乾燥からくる「かゆみ・ニオイ」を改善するには、膣内に潤いを与え「乳酸」を適切に摂取することが必要になります。

 

 

洗わなくても洗いすぎてもダメ!では、どのような洗い方が正しいのでしょうか?

ニオイを防ぐデリケートゾーンの正しい洗い方

 

デリケートゾーンのニオイは、どのような細菌が皮膚に存在しているかによって変わってきます。

 

皮膚を弱酸性に保ち、皮膚にとって良い働きをする細菌は「表皮ブドウ球菌」です。

 

不快な臭いの原因の多くはいわゆる「雑菌の繁殖」で、「黄色ブドウ球菌」や「真菌」などが繁殖し、アンモニアなどの不快な臭いの温床となります。

 

よって、良い細菌「表皮ブドウ球菌」を残しつつ、悪い細菌「黄色ブドウ球菌」や「真菌」を洗い流すことがデリケートゾーンの正しい洗い方ということになります。

 

 

女性器内は洗わず、外陰部を丁寧に洗う

女性器内は洗わず、外陰部を丁寧に洗う

 

膣内にはデーデルライン乳酸菌という常在菌がいて、膣内を酸性に整えています。

 

ところが、洗いすぎるとデーデルライン乳酸菌が廃除されて膣内が中性化して、雑菌や真菌が繁殖しやすくなり、ニオイの発生に繋がってしまうのです。

 

女性器を洗うときのポイントは、「外陰部を丁寧に洗う」ことです。

 

外陰部の凹凸は、ササッと洗うだけでは汚れが落ちません。石鹸を泡立てて指を使い、丁寧に汚れを落とします。

 

とくに大陰唇と小陰唇のあいだにある溝の部分には、皮脂などが固まった、恥垢(ちこう)、トイレットペーパーや生理用品の繊維などがたまりやすいので、念入りに洗います。

 

クリトリスの包皮に隠れている部分も、広げてしっかりと洗いましょう。

 

 

外陰部に対し、膣内はシャワーを当てて少し水圧をかけるだけにします。膣内にとって、アルカリ性の高いボディーソープはもちろん、石鹸も刺激が強すぎます。

 

どうしても石鹸を使いたいというのなら、刺激の少ないデリケートゾーン専用石鹸をごく少量使うようにしてください。

 

そしてすすぎは、時間をかけてしっかり洗い流します。せっかく汚れを浮かせても、すすぎが不十分だと汚れが残ったままになってしまいます。

 

よって、女性器内は洗わず、外陰部を丁寧に洗うことがデリケートゾーンの正しい洗い方ということになります。

 

 

すそわきがの人も、基本的にはボディの洗い方と同じで、女性器内は洗ないようにします。ニオイが気になるからと皮膚にダメージを与えるような洗い方はNGです。低刺激な石鹸のキメ細やかな泡でやさしく包み洗いします。

 

アルカリ性の石鹸を使ってゴシゴシ洗ってしまうと、表皮ブドウ球菌という皮膚にとって良い働きをしてくれる菌までをも洗い流されてしまい、真菌などが繁殖してさらにデリケートゾーンにニオイが起こってしまう可能性があります。

 

すそわきがの臭い対策についての、詳しくはすそわきが対策におすすめ石鹸は?はご覧ください。

 

大事なのは、身体にとっての良い菌を保護しながら、ニオイの元となる要素を洗い流すことです。

 

 

お風呂から上がってからはすぐに下着をつけず、湯冷めしないよう気をつけながら、デリケートゾーン周辺を乾かします。水分は雑菌の元になります。

 

このように十分なケアをしていても臭うようなら、アンダーヘアの脱毛も1つの手段となります。

 

アンダーヘアもわき毛同様にニオイをこもらせ、拡散させてしまうので、処理することで改善される可能性があります。

 

 

デリケートゾーン用石鹸の選び方

デリケートゾーン用石鹸の選び方

 

デリケートゾーンを洗う石鹸を選ぶ上で一番重要なポイントは、低刺激で、洗いすぎで「良い細菌」まで洗い流さない石鹸を選ぶことが重要です。

 

細菌というと「良くないもの・不潔」というイメージがあるかもしれませんが、上述した通り、じつは中には身体を健康に保つための「良い細菌」もいます。

 

「良い菌」は洗い流してはいけません。

 

前述したとおり、アルカリ性の石鹸を使ってゴシゴシ洗ってしまうと、表皮ブドウ球菌という皮膚にとって良い働きをしてくれる菌までをも洗い流されてしまい、真菌などが繁殖してデリケートゾーンにニオイが起こってしまいます。

 

大事なのは、身体にとっての良い菌を保護しながら、ニオイの元となる要素を洗い流すことです。

 

そのためには、天然成分が配合された「肌にやさしい」デリケートゾーン専用の石鹸を使いましょう。

 

また、皮膚の薄い敏感な部分へ使用しますので、泡だちのよいものを選ぶことが大切です。

 

デリケートゾーンの臭い対策 【抗菌・殺菌・制汗】

デリケートゾーンの臭い対策

デリケートゾーンの嫌な臭いを消す効果があるデリケートゾーン専用の石鹸には、どのようなアイテムがあるのでしょうか?

 

デリケートゾーンのかゆみを抑える応急処置と対策法!

デリケートゾーンのかゆみを抑える応急処置と対策法!
デリケートゾーンのかゆみを早急に抑える応急処置と対策法にはどのような対策があるのでしょうか?

 

page top