デリケートゾーンの洗い方 「かゆみ・においを対策し性病や膣炎なども予防」

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンの洗い方

 

デリケートゾーンの洗い方 かゆみやにおい対策、性病や膣炎などを予防かゆみや臭い対策、性病や膣炎などのトラブルを予防するためにも、デリケートゾーンの正しい洗い方を押さえておきましょう。

 

洗わなくても、洗いすぎてもダメです。では、どのような洗い方が正しいのでしょうか?

 

正しい洗い方の知識を持っている人はあまり多くないようです。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方

 

デリケートゾーンの正しい洗い方潔癖症なくらいに洗いすぎてしまう人がいますが、これはNGです。

 

洗いすぎるとデリケートゾーンは乾燥しすぎてかゆみを引き起こしたり、さらに臭いを引き起こす原因になることがあります。

 

乾燥からくる膣のかゆみや痛み・不快感を改善する潤滑ゼリー

 

臭いや、かゆみが気になるからといってゴシゴシと洗ったり触りすぎると悪化し、膣の自浄作用に必要な、おりものなどをすべて洗い流してしまうことになります。

 

自浄作用が低下すると性病膣炎などの辛いトラブルを招き、それが原因でさらに臭いを招くことにもなります。

 

 

デリケートゾーンのにおいは、どのような細菌が皮膚に存在しているかによって変わってきます。

 

皮膚を弱酸性に保ち、皮膚にとって良い働きをする細菌は「表皮ブドウ球菌」です。

 

不快な臭いの原因の多くはいわゆる「雑菌の繁殖」で、「黄色ブドウ球菌」や「真菌」などが繁殖し、アンモニアなどの不快な臭いの温床となります。

 

 

よって、良い細菌「「表皮ブドウ球菌」」を残しつつ、悪い細菌「黄色ブドウ球菌」や「真菌」を洗い流すことが正しい洗い方ということになります。

 

 

デリケートゾーンは専用の石鹸を使わないと、表皮ブドウ球菌も一緒に洗い流してしまい、「かゆみ」や「かぶれ」、「不快な臭い」の原因にります。

 

一般の石鹸やボディソープなどで「ついでに洗う」のではなく、まずはぬるま湯で洗い流してから、デリケートゾーン専用の石けんを使って前から後ろに向かって泡でやさしく丁寧に洗うようにしましょう。

 

持田ヘルスケアの「コラージュフルフル泡石鹸」

持田ヘルスケアの「コラージュフルフル泡石鹸」は、やわらかい泡で汚れをすっきり洗い、かゆみやニオイの原因菌の増殖を抑制することができます。

 

効果・効能
皮膚の清浄、殺菌・消毒、体臭、汗臭及びニキビなども防ぎます。

 

 

コラージュフルフル泡石鹸は、弱酸性・低刺激・無色素・無香料で、もちろんパッチテスト済みです。

 

デリケートゾーンは皮膚が薄く、刺激を避けたい部位ですが、これは泡タイプだから、デリケートゾーンを擦らずに、やさしく洗えます。

 

デリケートゾーン用石鹸の選び方

 

デリケートゾーンを洗う石鹸を選ぶ上で一番重要なポイントは、低刺激で、洗いすぎで「良い細菌」まで洗い流さない石鹸を選ぶことが重要です。

 

細菌というと「良くないもの・不潔」というイメージがあるかもしれませんが、上述した通り、じつは中には身体を健康に保つための「良い細菌」もいます。

 

「良い菌」は洗い流してはいけません。

 

アルカリ性の石鹸を使ってゴシゴシ洗ってしまうと、表皮ブドウ球菌という皮膚にとって良い働きをしてくれる菌までをも洗い流されてしまい、真菌などが繁殖してデリケートゾーンににおいが起こってしまいます。

 

大事なのは、身体にとっての良い菌を保護しながら、臭いの元となる要素を洗い流すことです。

 

そのためには、天然成分が配合された「肌にやさしい」デリケートゾーン専用の石鹸を使いましょう。

 

 

また、皮膚の薄い敏感な部分へ使用しますので、泡だちのよいものを選ぶことが大切です。

 

デリケートゾーンのかゆみを抑える応急処置と対策法!

デリケートゾーンの臭い対策 【抗菌・殺菌・制汗】

 

page top