生理の臭い対策

生理のときのデリケートゾーンの臭い対策

生理のときのデリケートゾーンの臭い対策

 

生理のときのデリケートゾーンの臭い対策は何かある?

毎月生理が来ると、体臭が濃くなっている気がします。また血液のニオイもするようで気になります。

 

周りにもニオイが漂っているのではないかと、憂鬱な気分になるのですが、これらのニオイを消す方法、薄くする方法はありますか?

 

この質問は、女性全員に共通する悩みでしょう。しかも避けることができません。

 

おそらく皆さんそれぞれ工夫をこらしているのではないかと思います。

 

 

なぜこの時期の女性はデリケートゾーンの臭いが強くなるのでしょうか?

 

じつは女性の体は月経周期によって刻々と変化します。たとえば、排卵後は女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増え、その影響で皮脂の分泌量も増加します。

 

すると皮脂腺の出口が詰まって脂肪酸が酸化し、それによって生理前に体臭が強くなるのです。

 

つまり、生理のときの独特の体臭は、ホルモンの影響です。また、生理の経血は、体から出た瞬間は無臭なのですが、時間の経過と空気に触れることによって、少しずつ雑菌が繁殖します。これが臭いの元なのです。

 

 

生理のときの独特の臭い対策3つのポイント

 

生理のときのデリケートゾーンの臭い対策はというと、ポイントは3つです。

 

  1. 通気性の良い下着をつける
  2. ナプキンをこまめに変える(1〜3時間に1回程度)
  3. アンダーヘアを処理したり、シャワーを浴びるなどして清潔を保つ

 

また、生理中は皮脂の量が増えると前述しました。

 

そこに汗が加わったら、雑菌が大量に繁殖し、デリケートゾーンの臭いは濃くなるばかり。

 

そこで生理中は汗をよく吸いとり、逃がしてくれる通気性の良い下着やストッキングを身につけるとよいでしょう。

 

ボトムスもしめつけるタイトなものを避け、ある程度ゆとりのあるものを選ぶと蒸れにくくなります。

 

ナプキンは、経血を吸収しニオイを発する前に変えてしまえば問題ないので、1〜2時間おきにとり換えてください。

 

このほか、心がけて欲しいのが、清潔を保つことです。

 

皮脂や汗を落とすため、こまめに体を洗ったり、とくに汗腺が集中しているところをデオドラントシートでぬぐったりすると、デリケートゾーンの臭いも気になら亡くなります。

 

デオドラント商品を使う

 

日中は、デオドラント商品を使うのが手軽です。用途に合った製品を選びましょう。

 

ドラッグストアで取り扱っているのは、汗を抑える「制汗作用」、ニオイをとる「消臭作用」、細菌の繁殖を抑制する「殺菌作用」などをバランスよく組み合わせたタイプが主流です。

 

しかしそれぞれの効果に特化した商品もあるので、「汗っかきだから、しっかりと汗を抑える効果がほしい」という人は、制汗作用に優れた商品を選ぶなど、目的に合ったタイプを選びます。

 

デオドラント商品には、シュっと吹きつけるスプレータイプ、皮膚に塗るペーストタイプなどがあります。

 

スプレータイプは使ったときに清涼感があり、ペーストタイプは効果が長持ちするといった特徴があります。

 

なお、アンダーヘアを処理していない人は、スプレータイプだと毛に邪魔されて成分が皮膚に行き渡りにくいので、塗るタイプが適しています。

 

ニオイを防ぐデリケートゾーンの正しい洗い方

ニオイを防ぐデリケートゾーンの正しい洗い方
洗わなくても、洗いすぎてもダメです。では、どのような洗い方が正しいのでしょうか?正しい洗い方の知識を持っている人はあまり多くないようです。

page top